グルコサミン、コンドロイチン、MSMのオンラインショップ
グルコサミン コンドロイチン MSM
グルコサミン コンドロイチン
グルコサミン
MSM

グルコサミンの製法


ホーム > グルコサミンの製法


私たちの生活で身近になったグルコサミンは、どの様に作られているのでしょうか?
ここでは甲殻類の外殻からキチンを取り出し、そしてこのキチンを使用した製法を紹介しています。


甲殻類の外殻からキチンを得る


1.甲殻類の外殻を粉末に加工します。

外殻には、カルシウムやタンパク質が含まれていますので、次にこれを取り除きます。

2.外殻の粉末から希塩酸水溶液でカルシウムを取り除く。(脱カルシウム)
3.希水酸化ナトリウム水溶液でタンパク質を取り除く。(脱タンパク質)

これでキチンが残ります。


キチンからグルコサミンを得る


1.キチンを濃塩酸水溶液で加水分解(HCI)します。
(塩酸の代わりに硫酸を使う方法も有ります。コスト的には硫酸の方が高めです。これ以外でも加水分解出来ますが、コストが合わない為、塩酸又は硫酸が使用されます。)

2.脱色。
3.この段階では不純物が含まれていますので、精製(濾過、濃縮、洗浄)により取り除く。
4.乾燥。

グルコサミンの粉末が得られますので、これを錠剤やカプセルにしたものを包装し製品となります。





| ホーム | 相互リンク集TOP |


カニ、エビ、鮫等から作る健康食品
グルコサミン、コンドロイチン、MSMのオンラインショップ エイアイエス